« マスクと宅配 | トップページ | 土・火・土 »

2009年5月20日 (水)

なんかイロイロあわただしかった

今日は朝から洗濯して仕事して生協の宅配受け取って仕事して掃除して仕事して……みたいな感じで夕方まで、わたわたしてました。

で、夜は知り合いのライブだったので、夕方から渋谷へ。ウチの最寄り駅はマスク率がめっちゃ高かったのに、渋谷に着いたら、だ~れもマスクなんてしてませんでした。ま、こんなもんよね。若い子はマスクなんてしないもんね(ちなみに、ウチの最寄り駅はオジオバ率が超高いのです)。

ロフトの文具売り場で友だちのマツキさんと待ち合わせて、シブヤ西武B館8階へ。ここのオルタナティブスペースとやらで、「クリエイターズエコ―シブヤスタイル」というグループ展をやってるのです。例によって阪本トクロウさんの絵が見られるので、足を運んだ次第。

ところが。8階の案内図を見ても「オルタナティブスペース」なんて載ってないんですよ。これは美術画廊の人にでも訊くしかないか、と思って歩いていくと。壁際に額縁がかかってるのが目に入り……。ありました! すんごく小さなスペースだから、わざわざ案内図には載せてなかったんだろうなあ。阪本さんの絵が一枚しかなくて、ちょっと残念。

その後、ファミレスで晩ご飯食べて、だーらだーらとおしゃべりして(知り合いはトリで出演だったので、始まるのが遅かったんです)、渋谷屋根裏へ。

演奏中にちょっとお行儀の悪い男の子たちがいたもんで、思わず「そこの男子! 手すりの登っちゃダメでしょ!」と腰に手を当てて怒鳴りつけたくなりました(←小中学校では、仕切りたがりの委員長タイプだった)。

ライブに来てたウメムラ君から、「Phantom」のゲームソフトを貸してもらいました。いや、先日、ココで「Phantomのゲームやりたい~!」と絶叫したら、即「貸しましょうか」とメールくれたんですよ。やっぱ、持つべきものはゲーヲタの友だちですな。

……なんて言ったら、「オレはヲタクじゃない!」って否定するんだよね、ウメムラ君は(笑)。

でもでもでも! キミはヲタクがいかにして進化を遂げていくか、そのプロセスがまだわかっていない!

「オレって、ひょっとしてヲタク? いや、けっこうヲタクかも」と自覚し始めるのが第一段階。ところが周囲に仲間が増えて、自分の知識や情報のレベルがわかってくると、「オレもまだまだだな」と思うようになり、「そうだ、オレはヲタクなんかじゃない。この程度でヲタクを名乗るなんておこがましい」となるのが第二段階(←ウメムラ君は今、ココ)。ヲタクと言われて激怒したりするヒトも、この第二段階ですな。

だいたいね~、「自分よりもっとすごいヤツがいる」とか、ヲタ度のランクがわかるのは、それなりのキャリアとスキルがあってこそ。ホントに一般人だったら、そもそも「すごい」かどうかなんてわかりませんぜ。

で、第三段階はですね、「自分よりもっと重度のヲタクはいっぱいいるけど、この程度では自分的には全然ヲタじゃないけど、一般人から見れば同じなんだよね。どっちもヲタクなんだよね。うん、やっぱり自分はヲタクなんだ」と、オノレを受け入れるワケです。ちなみに、第二段階から第三段階を分けるモノは、情報量でも知識でも人脈でもなく、単純に年数ですね。第二段階から十年くらい経てば、たぶん、誰でも第三段階に至ります。

第四段階は……わかりません(笑)。あるのかなあ、ヲタクの最終進化形態。


[本日の食卓の話題]
「『夜は短し歩けよ乙女』の漫画版を描いてる人は『時かけ』の漫画と同じ人らしい」

よーするに、息子は「『夜は短し』の漫画、買おうよ~! てか、買って~!」と言いたいらしい。ふん! その程度で母に財布を開かせようとは甘い! 甘いわっ! だいたいこれ、全部で5巻も出てんじゃん! 全部買ったら2877円もするじゃん! あれ? でも、bk1の1万円キャンペーン(本を1万円分まとめ買いすると、1000円分のギフト券がバックされる)にあと2500円で応募できるんだっけ。コレ入れたら、1万円超えるなー。いやいや、いかんいかん。詭弁踊りのシーンも確かめずに全巻購入するなんて! でも……うーん。いかんっ! でも……。

« マスクと宅配 | トップページ | 土・火・土 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。