« 『風の中のマリア』 | トップページ | 類は友を呼ぶ »

2009年5月25日 (月)

『べるぜバブ』

ここんとこ、書籍・雑誌カテに偏ってる気がせんでもないけど。ま、いっか。実際、仕事してるとき以外は、書籍・雑誌読んでるか、ゲームしてるかだし~。

で、今週は『べるぜバブ』が巻頭カラーだったので、朝もはよからコンビニ行って、週刊少年ジャンプ26号を購入。やーーーっと葵姐さん登場だぜ、燃えるぜ(←萌えじゃなくて)、ベル坊らぶりーだぜ、などとアフォなつぶやきを連呼しつつ読む。

いや~、ひっさびさにストライクゾーンど真ん中に来た少年漫画ッスよ。連載続いてくれるといいなー。

そういや、コレ読んでて思い出したんだけど、少子化の影響で暴走族だのレディースだのって、人数集めが大変らしいですね。昔は北関東統一とか、彼らには「偉業」(一般人には単なるメイワク)だったそうですが、今はチーム数減っちゃったもんで、偉業っつーほどじゃなくなっちゃったとか。

インターハイに出場するのはチョー大変だけど、インターカレッジのほうはそうでもない(あくまで、出場するだけなら。優勝となるとやっぱチョー大変でしょう)、みたいな感じなんでしょうね。まあ、週刊誌だったか何かの記事なので、真偽のほどはイマイチわかんないけど。


[本日の食卓の話題]
三次元の「ボク女」は絶滅危惧種なのに、二次元の「ボクっ娘」はどんどこ増殖しているのは何故か?

« 『風の中のマリア』 | トップページ | 類は友を呼ぶ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。