« 葬儀の日 | トップページ | シリアルコード来たけど……。 »

2009年6月23日 (火)

『IN』

『IN』(桐野夏生著・集英社)読了。

タイトルを見たときは『OUT』の続編かなと思ったんだけど、全然違いました。もしかしたら登場人物がかぶってたり、スピンアウトだったりするんかなとも思ったけど、それもハズレでした。すんごく簡単に要約すると、小説のモデルを探す小説家の話。

これって、たぶん、自分も小説を書く(プロアマ問わず)という人にとっては、すごく面白い話だと思う。あ、そうでない人が楽しめないわけじゃないです。ただ、実際に小説を書いたことがあるかどうかで、楽しみ方が全然変わってくるんじゃないかな、と。

私は実在する風景とかアイテムはよく使うけれども、実在の人物をモデルにすることはまずないので、『IN』に登場する二人の小説家の手法がすごく興味深かった。

モデルを設定して書くという話は情報として知ってはいたけど、その一部始終が小説内で描かれると、単なる情報ではなくて、何もかもがダイレクトに伝わってくるんですね(桐野氏の筆力の高さも手伝って)。まるで、書いている真横から覗き見してるみたいに。

なるほど、自分が「実在の物は書けても、実在の人は書けない」理由がわかりました(わかったけど、ナイショ)。

それにしても、実在の人物をモデルに小説を書く作家さんたちって、「自分が創作した部分までもが現実にあったことだと読者に誤解される」のがイヤじゃないのかな? 私は自分の創作した部分とそうでない部分の境界線がハッキリしないのって、責任の所在が曖昧になるみたいで、すごく抵抗があるんだけど。

まあ、人それぞれと言われれば、そのとおりなんだけどね……。


[本日の食卓の話題]
7月期のアニメ「化物語」の忍野メメ、最初は「えー! 中のヒト、若すぎる! もっと、おっさん声じゃなきゃ!」と思ったんだけど(よーするに「中井和哉のほうがイイ!」と思ってたんです)、実際に映像を見てみたら意外と合ってた件について。

« 葬儀の日 | トップページ | シリアルコード来たけど……。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。