« 『イケメンと恋ができる38のルール』 | トップページ | エライ松笠さん »

2009年7月 3日 (金)

阪本トクロウさんの版画展

清澄白河のキドプレスというギャラリーに、阪本トクロウさんの版画展を見に行ってきました。

清澄白河なんて、ずーーーーっと前に球体関節人形展を見に行ったくらいで、ふだんはまるっきり縁のない場所。土地勘なんぞ当然あるはずもなく、そぼ降る雨の中、「ホントにこっちでいいの?」と不安にさいなまれつつ、キドプレスを探しました。

ところが。地図に記載されている場所にあったのは、運送会社。でっかい倉庫とたくさんのトラックの群れ。とても画廊があるとは思えません。

でも、住所はあってるし……。

しょうがないので、守衛さんらしき人に「キドプレスっていう画廊を探してるんですけど」と尋ねてみると。

「ああ、ギャラリーね。そっちにエレベーターがあるから。6階行って」

ええええええええええええ!? あるんですかっ!? 運送会社の建物の中に画廊が!?

しかも、そのエレベーターっていうのが、コンテナとかを運搬するような超でっかいやつ(以前bk1の倉庫見学ツアーに行ったとき、似たようなものを見ました)。扉の開閉は自動じゃなくて、「閉」ボタンを手動で押さないとダメってやつ。

でも、ちゃんとキドプレスはありました。それに、同じ6階には別の画廊も入っていたり。

いや~、なんていうか、辿り着くまでがちょっとした探検気分でありましたよ(笑)。

で、阪本さんの版画。これまでの作品展で目にした構図が版画になっていたんですが、なんだか不思議な感じでした。たとえば手描きの作品を現在の風景とすると、版画って現在から見ている過去の風景、みたいな感じなんですよ。

古いアルバムを見ているような、或いはドラえもんの道具で過去の一部分だけ持ってきたような。

現実の風景と見る人のの間にカメラと時間が介在したのが写真だとすると、人の手で描いた絵と見る人の間に銅版と時間が介在しているのが版画なのかな、と思ってみたり。

そう考えると、版画って、単体で見るよりも原画とセットで見たほうがより面白いのかも。

展示されているのが8点だけだったのが、ちょっと残念でした。もっといっぱい見たかったなあ(初めての版画展だそうなので、点数が少ないのは当たり前なんでしょうけれど……)。

[本日の食卓の話題]
ギャルゲの音響プロデューサーの意外なオシゴトについて(←ご主人が音響やってるという友人から聞いたネタ。ウチの息子、この手の話が好きなんだよなー)。

« 『イケメンと恋ができる38のルール』 | トップページ | エライ松笠さん »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。