« 『青春鉄道』 | トップページ | 『イケメンと恋ができる38のルール』 »

2009年7月 1日 (水)

視野検査

昨年の人間ドックで「緑内障の疑いがあるよーん。検査してね♪」と診断結果に書かれたもんで、視野検査に行ってきました(ホントは4月に行きたかったんだけど、病院の予約が6月30日までいっぱいだったのでした)。

まー、今回が初めてってワケじゃなく、眼底撮影するたびに同じコト言われるし、検査してもとくに異常はないので、「さーて。今年も行きますか」みたいなノリなわけですが。

検査は、画面の一点を凝視し続けている間に、少し離れたあちこちに白い光が点滅するので、それが見えたらボタンを押す、というやり方。その白い光が認識できないと、視野に欠けがあるわけです。

この「光が見える→ボタンを押す」という作業って、ミョーにゲーマー心を刺激するんですよ。だもんで、例年、ついつい熱くなりすぎて、検査師さんに「そんな、親のカタキに会ったみたいな勢いでボタンを押さなくても。ゆっくりでいいんですよ」と呆れられていたんですが。

なんか、今年はミョーにやりにくいんです。てか、ミョーに見えにくい。光の残像がいつまでも残るというか、画面(白一色)に小さな影みたいなのがちらついてるし。

もしかして、これはいよいよ緑内障の症状が出てきたんだろうか、それとも何か目の異常が他にもあるんだろうか、と不安になりつつ検査を終えて、診断を聞きに行くと。

「視野に異常はないですね。見えにくい? ちらつく? あー、それ、老化現象ですね。なーんも問題ないですよ」

orz

そうですか。老化現象ですか。

orz

ええ、わかってますよ。どーせ、もう若くないっすよ。

orz

[本日の食卓の話題]
アニメにおいて、「できるかもしれない」「できる可能性がある」は成功率100%なのに対して、「決まった!」は失敗率100%であることについて。

« 『青春鉄道』 | トップページ | 『イケメンと恋ができる38のルール』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。