« 今更ながら『ミレニアム』 | トップページ | 『私と僕が生きた道 性同一性障害と向き合った29年』 »

2010年3月 7日 (日)

私的評価基準

昨日のブログを読み返して、ふと「そういえば私、前にも同じ理由で何かの本を褒めたことがあったような?」と思い……。ええ、真相がだいたいわかってて、かつラストでそのとおりだったとしても肩すかしな感じがしない、というアレです。

イロイロと考えてみたところ、私にとって、小説の評価ポイントって、もしかしたらこれが一番大きいかも、と気づいたのでありました。

同時に、自分がネタバレを全然気にしない理由がわかりました。小説に限らず、マンガとかアニメとか映画とかゲームとか、どれもネタバレしちゃってても気にならないんですよね。

なんでかなあ、と考えてみるに。私は「再読前提」で小説やマンガを評価してるからなんじゃないかと。逆に、どんなに凝った仕掛けのミステリでも、一回読んだら気が済んでしまうものとか、ネタバレが面白さを半減させてしまうものとかは、私の中では評価が低い。

私が子供の頃は今ほど本が溢れてなかったから、一冊買ったら数回再読するのは当たり前だったんだよね。小学校低学年まで、自分の家の本はページがばらばらになるまで読むものだったし(あ、この辺、ゲームソフトにも通じるモノが。私にとってファミコンはカセットが壊れるまで遊ぶモノだったし)。

最近では本の購入数がハンパなくなってきたので、なかなか再読できなくなってきたけど(ンなことしてたら床が抜ける)、それでも本を評価する基準が「再読前提」なのは変わってないんだなあ、きっと。

ゲームはクリアしてからが本番、なのも同じ理由ですな。うん。


[本日の食卓の話題]
ときメモGS3の声優陣に、福山櫻井入野柿原神谷が入っていなかった件について。ちょっと意外だったなー。上記の誰か一人くらい、入ってると思ったのに。いや、王子役が杉田智和さんってのは大賛成ですが。

« 今更ながら『ミレニアム』 | トップページ | 『私と僕が生きた道 性同一性障害と向き合った29年』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事